砂糖

たるみへのケア方法糖分の取り過ぎは体によくないことはよく知られていますが、実は肌の状態にも影響を及ぼします。
ここ数年、老化の原因の一つとして挙げられる言葉が「糖化」です。

体内でたんぱく質と余分な糖が結合するとたんぱく質が劣化し、老化物質を作り出します。
これが糖化と呼ばれるもので、生成された老化物質が蓄積することで
体全体の老化のスピードを加速させると考えられています。エンディメッドPROとスマイルリフトのダブル照射をおすすめ

NGな食べ物

顔のたるみは、肌の弾力が失われた状態です。
弾力のある肌は、肌の奥深くに存在するコラーゲンとエラスチンによって作られます。

コラーゲンとエラスチンはたんぱく質であり、両方が
バランスよく存在することでハリのある肌が保たれます。

ですが、体内で糖化が起こると、老化物質が肌に弾力をもたらすコラーゲンと
エラスチンの働きを阻害し、顔のたるみやしわにつながります。

ですので、砂糖と顔のたるみは関係のないもののように思えますが、
糖化という現象を考えた時、2つは深く関係していることが分かります。

砂糖を控える

糖類の中でも特に悪影響をもたらすものは白砂糖ですが、
一番よく使われているものでもあります。

お菓子類だけではなく、調味料やお惣菜、加工食品など、幅広く使われているため
知らず知らずのうちに口にしているものです。

そのため、砂糖を一切とらないということは難しいですが、意識的に食べるものに
気を付けるだけでも、顔のたるみやしわといった肌トラブルを回避できます。