皮膚科

たるみへのケア方法見た目の印象を大きく左右する顔のたるみは、年齢を重ねると
ある程度仕方がないものとはいえイヤなものです。

肌は、加齢や紫外線などによって、コラーゲンやエラスチンが減少することで
次第にハリがなくなっていきます。

すると、皮膚組織や皮下脂肪を支えることができずに、重力によってたるんでしまい
顔がたるむのです。

顔のたるみは、ほうれい線やシワを深くする原因になる上に、二重あごの
原因にもなりかねません。

できてしまった顔のたるみの改善は、美容皮膚科や
美容外科で行うことができます。

美容皮膚科では、レーザー治療やラジオ派治療のように、
メスを使わずにレーザー光線やラジオ波によって
治療するエンディメッドPROとスマイルリフトのダブル照射があハリがなくなるります。

熱を加えることで、顔のたるみを落とし、スッキリさせることが可能で
ダウンタイムも必要ありません。

注射を打つ他にも、美容皮膚科では、ボトックス注射やヒアルロン酸注射のように
有効成分を体内に直接注入する方法が行われています。

外科手術による顔のたるみ治療は、顔のリフトアップ手術と言って、
たるんでいる皮膚を持ち上げることで、顔の筋肉のハリを取り戻す治療が一般的です。

以前は、切るリフトアップが主流でしたが、近年では
特殊な構造の糸をつかって皮膚のたるみを持ち上げる「フェザーリフ」や
「スレッドリフ」と呼ばれる手法が、多く使われるようになってきました。

このように、一口に顔のたるみの治療と言っても、様々な治療方法がありますので
十分な下調べやカウンセリングを行って、どの治療方法を行うか
医師と良く相談して決めるようにしてくださいね。