予防・改善

たるみへのケア方法顔のたるみが目立って現れる場所は、頬や口元、フェイスラインといった
顔の下半分に集中しています。

重力に負けないようにするには、頻繁に顔の筋肉を使うことです。
しかし、普通に生活していると絶対にしないであろう表情をしなければ
動かせない筋肉もあります。

意識して顔の運動をすることで、顔のたるみを予防・改善することができます。
顔のたるみにおススメの運動法はいくつかあります。

口の運動

たるみが集中する顔の下半分だけを何とかするのではなく
頬骨の辺りから引き上げるようにします。
具体的なやり方は、口を「も」と発音するようにやや尖らせて
そのまま頬骨を上げます。

頬が疲れるまでしばらくキープします。
また、ストローを吸うように口の中の頬のお肉を吸い、それをキープします。
気づいた時に道具なしでできますし、難しい運動ではないので続けやすいです。

普段の生活では、口が常に開いている人は、気をつけて閉じる習慣をつけるだけでも
口輪筋の良い運動になります。

また、紫外線を避けることも防止につながりますので
外に出る際は気をつけておくと良いでしょう。

紫外線が入る