試したいケア

たるみへのケア方法顔のたるみが気になってくるのはどんな時でしょうか。
毎日鏡を見ていても自分ではあまり気づかないのですが、他人から
実年齢より老けて見られたり、ふと電車や車の窓に映る顔を見て
ギョッとしたりすることで意識することが多いでしょう。

老ける

どちらにしても顔のたるみがひどいことに気づくとショックなものですから
美容クリニックで治療したいとすぐに考える方も多いです。

しかし、本格的に顔のたるみ治療をしようと思うと
何万円から何十万円という治療代がかかります。

本当に顔のたるみがひどくて、皮が伸びきってしまって
いるような状態だと、フェイスリフト術などが必要になるかもしれませんが、
普通はそこまで放置していませんね。

顔のむくみ

実は自分でできるスキンケアやマッサージ、エクササイズなどである程度
たるみが改善できます。

これはクリニックやエステなどの治療でも同じことが行われますが、
まずは肌の水分量を上げるために保湿を念入りにすることです。

水分量が上がると、肌に弾力や透明感が出て、所謂ハリが
感じられるようになります。

そして、リンパマッサージで余計な老廃物を排出し、顔のむくみがとれると
顔にメリハリが出てフェイスラインがスッキリします。

また、表情筋が衰えていると顔の脂肪や皮膚が支えきれずに
下がってきてしまいますから、表情筋を鍛えてもう一度脂肪や
皮膚を持ち上げるアプローチも重要です。

保湿、マッサージ、エクササイズを毎日行ったうえで、やっぱり
どうしようもないと感じたら、美容クリニックに相談すると良いでしょう。